トップリーグ第1節観戦してきました。

「パナソニックに勝つけど優勝できない、パナソニックに負けて優勝する。選ぶなら前者だ」ヤマハ清宮監督が開幕前にそんな事を言っていました。清宮さんはいつも印象的な事を言う方なのですが、この言葉から開幕戦のパナソニックへの並々ならぬ思いを感じました。


連覇阻止のためにいろいろなチームが対パナソニックを考えてくるだろうし、ヤマハはここに合わせてスクラムをさらに強化してくるだろうと思っていましたが、試合が始まると常にスクラムで優位に立つ状態で想像以上でした。試合終了後にパナの相馬さんとヤマハの慎さんが話しているシーンがありましたが、慎さんとても嬉しそうでした。それにしても現役選手よりもゴリゴリなお二人の会話、とても気になります。


パナソニックは初戦から若手を多く入れ長期的なチームの成長も考えていると思われます。勝ち続ける事は難しくいつかは黒星がつくとは思っていましたが、この1敗が再度自分達のチームを見直す良いきっかけになるでしょう。

リコーのルーキー、松橋選手を楽しみにしていたのですがサイズ以上の存在感、開始すぐにトライを決めるなど動きも良く、今シーズンの飛躍間違いなしだと思いました。リコーが結構突破するシーンが多かったのですが、NECの追い上げもあり最後までわからない試合でした。


前半のNECのミスが響いた気もしましたが、この日は雨が降り風もやや強い難しい状態でした。こういう時こそ少しのミスが致命的になったりするかもしれないので、雨の中で観るのが結構好きなんです。そんな中でもリコーとNECは応援コールがとても元気でした。雨だと観に来る人も少なくなってしまうので、両チームの声援は印象に残りました。

今シーズン一番応援したいチーム、それはクボタスピアーズ。初戦は昨年パナソニックを最後の最後まで追い詰めた東芝ブレイブルーパス。どこまで善戦できるかと思っていましたが、パスも良くSOルイ・フーシェのキックもキレがあって楽しみです。ホーンがなってからも6分くらい攻め続け、最後まで緊張感のある試合でした。すごい集中力でFWの力強さがある東芝をここまで攻めたのは、確実にクボタの力が上がっている証拠だと感じました。


東芝はルーキー田村熙選手がやはり煌めいていました。ランやキック、判断力も新人とは思えません。今年はどこのチームも有望な新人や強力な外国人選手を投入してきているので、例年以上に楽しみです。



昨年はトップリーグ開幕前はテレビなどでも取り上げられる事が多かったのですが、今年はオリンピックがあったからなのかあまりテレビ番組などでのメディア露出が少なく、昨年と比べると心なしか観客が少ないような気がします。あとは五郎丸選手がいないというのも動員に大きく影響しているのかもしれません。


11月にアルゼンチンとの代表戦があるのでそこがひとつの変わり目になるかもしれませんが、まずは私は粛々と観戦に励みたいと思います。このシーズンは毎週末にラグビーがあるから一週間を乗り切れている、そんな感じです。


第1節の画像は下記リンクからどうぞ。

パナソニックワイルドナイツ×ヤマハ発動機ジュビロ
https://masumiyutaka.theblog.me/posts/1215863

リコーブラックラムズ×NECグリーンロケッツ
https://masumiyutaka.theblog.me/posts/1224179
東芝ブレイブルーパス×クボタスピアーズ
https://masumiyutaka.theblog.me/posts/1224294

0コメント

  • 1000 / 1000