選び挙げろ

また星が流れた

人知れず消えゆく命を

この国の高位者は知らない


節くれた指で数える

ひび割れた唇で数える

身を粉にして手に入れた小銭を


私達を何も変えはしない

虚飾の値に賑わう捏造の世界

火を灯す爪さえ無くなる民の叫び


名を書いた紙を箱に落とす

そこから私達は始めなければ

世界を変えるのはこの手だ


人を導く輝きの北極星は

待っていても生まれはしない

星は私達が選び空へ挙げるのだ

せつなさのしくみ

好きな事や気になった事をブログに書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000