喉が弱っているのはもしや加齢によるものなのか。

年末に喉が痛かったので、マスクをしたりうがいをしたり何とか乗り切りました。


前もこちらのブログで「冬のマストアイテム、飴ちゃんいろいろ。(https://masumiyutaka.theblog.me/posts/3305079)」として持ち歩いている飴について書いたのですが、ちょっと乾燥が続いたりするとすぐ喉が痛くなったり、風邪の引きはじめが喉からきたりと、どうも喉が弱いんですよね。


特に今シーズンは寒さと乾燥のせいなのか、それとも加齢のせいなのか、どうもさらに喉が弱くなってしまい、長めに声を出し続けたりすると喉は痛くなるし声はかれるしで大変な事になります。


あとは寝ている間にいびきをしているのか、起きると喉がガラガラになっているので、最近はマスクで就寝しています。

CMで見ていた小林製薬に頼る日が来ようとは...。これするだけで本当に違うのでびっくり。普通の使い捨てマスクだけでもだいぶ違うのですが、やはり加湿効果があるとスッキリと目覚められます。

あとは最近ハマったのが「栄太樓 しょうがはちみつのど飴」です。しょうがの風味も丁度良く効いていてはちみつの甘さも柔らかくて美味しいです。

あまり舐めすぎると糖分摂取しすぎかな...と思いながらも、ついいろいろなものを試してしまいます。

今は乾燥で喉が弱いのかなと思っていますが、このまま年を重ねると嚥下機能が弱くなりそうなので、のどを鍛えるという本の説明を読んでみると


「40代からの「のど」の衰えと悪い生活習慣で、死因第3位「肺炎(誤嚥性肺炎)」のリスクが増大します。」


だって!まさに40代からさらに喉が弱くなった私に刺さりました。今年は筋トレと同時に喉トレもしなくては!

せつなさのしくみ

好きな事や気になった事をブログに書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000