将さん、マヤさん、お疲れさまでした!

「死ぬまでラグビーできると思っていたけど...体がもう限界になりました」

大寒波が迫ってきて各地冷え込む中、クールであり熱くもある魅力的なベテラン選手が去っていきます。体が限界になったと口にした大西将太郎さん。最後の試合でもキックも決めるそのキレのある姿、これからも見たいと思いましたが本当にここまでひたむきに走り続けて限界を感じていたんですね。


引退セレモニーはオンデマンドで3月31日まで見られますので、ぜひご覧ください。私も何度も繰り返し見て、レジェンドの素晴らしさを噛み締めたいと思います。


http://front.jsports-ondemand.com/player?id=11009


大西将太郎さんと佐々木隆道さんがハグしていた時、啓光学園の思いが確実に受け継がれていくのを見た気がしました。


そして胴上げ姿はこちらでも...将さんよりも年上で私と同い年の馬屋原誠さん!

馬屋原さんと同じチーム、シャイニングアークスの金正奎さんのツイートです。

ちょうど今週発売のNumberに2019年W杯で活躍するであろう選手が紹介されていて、そこに金正奎さんが載っています。その週末に同じチームである馬屋原さん、そして啓光学園の先輩である将太郎さんが引退するという運命。


ラグビーがとても話題になっている中で始まった今シーズン。引退する選手がいる一方で魅力的な若手が輝く「世代交代」を感じました。そんな中で、二人のレジェンドの動きと魂を体感してきた金さんは、そのDNAを受け継いでいるので、これからがさらに楽しみです!


こちらのブログではサンゴリアスやワイルドナイツを主に応援している記事を書いておりますが、最近シャイニングアークスも気になっています...サントリーを退任してシャイニングアークスのFWコーチに就任した大久保直弥さんが好きなので、気になるんです(大久保さんは馬屋原さんと同い年、しかも誕生月も同じ!)そして前にも書きましたが、私の好きな78年組の栗原徹さんも選手からスキルコーチとして引き続きいらっしゃいますし、次のシーズンではシャイニングアークスの練習にも足を運んでみようと思っています!


久しぶりにラグビー愛が再燃した今期。情報が基本的に古いので、どうしても以前から知っていたベテランについ肩入れしつつ観ていたのですが、その中で若い選手のキラキラしたプレイにも感動し、どんどん気になる選手やチームが増えていきました。

将さんや金さんなど啓光学園話になると、思い出すのが苑田右二さんという感じで微妙に情報が懐かしい私なので、新しい情報もより取り入れていき、もっとラグビーを楽しみたいと思います。


苑田さんのインタビューが載っています(http://2019-all-for-japan-team.jp/memories/?p=371)高校、大学、社会人で頂点に立った数少ない選手です。書いていて久しぶりに思い出して調べてみたのですが、現在は本社勤務のみなのでしょうか。体も大きくはなかったけれどタックルがすごかったのが浮かんできます。


選手が引退していくのは悲しい限りですが、ベテランの闘志あふれる姿は次世代へと確実に繋がっていくはずです。それをより感じるためにも、もっとグラウンドに行きたいと強く思いました。

Rugby is All !!! 闘い抜いた男の言葉はやはり熱かった!!引退してからもベテランの一挙手一投足が楽しみです。

0コメント

  • 1000 / 1000