「東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティイベント」に行ってきました。

今日はスクラム釜石さんの「東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティイベント」に行ってきました。これは2011年2月のカンタベリー大地震、そして3月の東日本大震災の被災地をラグビーをキーワードに応援していこうという企画です。

第一部は「釜石にラグビーワールドカップ2019を迎えるために」としてパネルディスカッションが行われました。野田釜石市長、そして新日鐵釜石で活躍され、現在は釜石シーウェイブスディビジョンマネージャーの桜庭吉彦さん、NPOスクラム釜石代表の石山次郎さんが登場されました。私は両親とも秋田出身なので、桜庭さん石山さんと言う秋田のスターを目の当たりにしてテンションあがりました(写真では桜庭さんが下を向いてしまいました、ごめんなさい...)


釜石にワールドカップ招致が決まるまでのやりとりや、スタジアム建設についての資金面などについての話がありました。また昨年のワールドカップでの日本の健闘を観て、釜石での開催を楽しみにする人が増えたそうです。しかしスタジアム建設や宿泊施設の確保など、まだまだクリアしなければならないものもあります。このイベントに参加して、多くの方に釜石に来てもらい、また世界に発信される事によって震災や東北の事を知ってもらえる良い機会だと改めて思いました。


釜石からニュージーランドへ学生さんを派遣するプログラムがあるそうで、実際に行った釜石の学生さんがお話をしてくださいました。中学生ですが自分達で英文を考えて現地で話したそうで、話を聴いている新日鐵釜石をリアルタイムで知っている(と思われる)皆で、若い子はすごいなーと感心しきりでした。

第二部ではトークショー「2019年釜石ワールドカップで被災地から勇気を!」と題して、先日現役を引退した廣瀬俊朗さん、クライストチャーチ生まれで日本代表で主将を務めたアンドリューマコーミックさんが登場しました。廣瀬さんは自身もボランティア作業で釜石に訪れるなど被災地支援に尽力し、マコーミックさんは2012年から毎年開催されているこの復興祈念イベントにずっと参加しています。お二人は常に東北への支援を体現しています。


皆さんで飲食をしながら終始リラックスした感じで行われ、お二人とも気さくで溌剌とした、人を惹きつける強いバイブレーションを持っているのを感じました。

トークの合間にはお二人のサインや握手を求める列ができ、私もそれにこっそに便乗。ぜひお二人にサインをいただきたくて本を持ってきておいたのです。購入していた廣瀬さんの「なんのために勝つのか。」にサインをしていただきました。サイン後すぐにページを閉じるとインクがついてしまうからと、廣瀬さん自ら間に挟む用の紙を取りに行ってくださいました!なんて優しい方なんでしょう。引退してからも様々なイベントなどに出演しとてもお忙しい廣瀬さんですが、彼が多くの選手にも慕われるその理由を一瞬ですが垣間見た気がしました。あの笑顔と良い声、そして優しさた行動力...どう考えても惚れます!


そしてアンガス(マコーミックさんの愛称)は、1999年ワールドカップで外国人初の主将となり、私と同い年の大久保さん、岩渕さん、大畑さん、平尾さんが出場し、応援にも力が入った思い出深い大会でした。第1部で出演した桜庭さん、そして現在釜石シーウェイブスで体を張っている伊藤剛臣選手も出場していたその時の主将が目の前にいる事が嬉しかったです。


アンガスが書いたものではないのですが、その名も「アンガス」という書籍をこの日のために引っ張り出し、表紙にサインしていただきました!サインしてもらう時に「アンガスが書いたものではないんですけど表紙にサインしてもらっていいですか?」とお願いしたら「いいよー」とあっさりOKしてくれたアンガス、包容力ある雰囲気に心が温かくなりました。

クライストチャーチ出身、そして廣瀬さんマコーミックさんが所属していた東芝と言うと...やはりリーチマイケル選手!という事で、彼が経営するカフェ「Cafe+64」のバッジをつけていきました!(キラキラのハートは私が勝手につけたものですが)近くにいた他の参加者に気付いてもらえて嬉しかったです!府中やその近くに住んでいる方とか、子供にラグビーをさせているお父さんとかもいらっしゃって、何だか生活の近くにラグビーがあって羨ましいなと思いました。私も府中住みだったら毎週東芝とかサントリーに通っているだろうな、きっと。

また活動を応援するという事で、東北とニュージーランドがスクラムを組んでいるTシャツと南部鉄瓶アクセサリーを買いました!グッズ販売や進行などスタッフの皆さんも優しくて釜石への愛が溢れていました。


イベント進行は様々なラグビー著書がありスクラム釜石理事の大友信彦さん。総合司会はフリーアナウンサーの佐藤千晶さん(なんと畠山選手と同級生だったそうです!)大友さんの自由な感じの流れを佐藤さんがちゃんとコントロールする感じで、それも何だか面白くてより和やかな雰囲気を作っていました。


皆で写真を撮ったり、オークションやプレゼント企画があったりと内容も盛りだくさん、何より震災について改めて考える機会になり、釜石をはじめ東北やラグビーがもっと好きになる温かいイベントでした。楽しくて帰りも夢心地でした、本当に参加して良かったです!


スクラム釜石 http://scrumkamaishi.jp/

日本ラグビー応援ソング『楕円桜』MVです。スクラム釜石の皆さんも陸上自衛隊船岡ラグビー部の皆さんと出演しています。

0コメント

  • 1000 / 1000